通販サイト関連ニュース

インターネットの発達によって、現在はパソコンのみならずスマートフォンなどの携帯端末を利用して、いつでもどこでもネット通販を楽しめる時代となりました。

通販サイトも多数しますが、日本では現在大手の通販会社4・5社を消費者が利用する傾向にあります。

こうした会社は、独自のポイント制を利用して顧客の取り込みを図っています。

最近はマルチメディアの戦略として音楽・ビデオ・書籍などをパソコンやタブレットを利用して楽しむ方向に誘導しているニュースが良く見受けられます。

かつては音楽ならCD、ビデオならDVDやブルーレイ、さらに書籍なら紙媒体の本が主流でした。

しかし最近は音楽やビデオは各社独自のサイトでストリーミングで楽しめますし、書籍は電子書籍をPC画面やタブレットで楽しむことが出来ます。

さらに音楽・ビデオは一定の会費を支払えば無制限で楽しめる傾向にあります。

以上のことからも、かつては商品が届くまで「待つ」という行為が必要でしたが、現在は「即座に」サービスを楽しめることが出来るようになっています。

その一方で依然としてメディア媒体を利用したサービス提供については、従来よりもより格安で提供する傾向が強いと言えます。

CDやDVD・ブルーレイはまとめて数十枚をレンタルすることで非常に安価でメディアを楽しめますし、書籍については中古商品を書店が店舗・ネットのいずれにおいても取り扱っています。

特に書籍は年輩の人は紙媒体を好む傾向にあり、依然としてニーズはあります。

PAGETOP